22を超えてゆけ

22を超えてゆけ

今日はお正月に読む本を何にしようかセレクト。

 

とりあえず2冊購入。またあとで数冊揃えようと思います。

 

そのうちの一冊が辻 麻里子さん著の「22を超えてゆけ」のⅡで6と7の架け橋 という本。

 

「22を超えてゆけ」を読み終えて呆然とし、そしてその後解説を読んで、私は号泣してしまいました。

 

そのⅡの本ということで、楽しみでもあるし、

 

またあの宇宙のノスタルジーの世界へと迷い込むのかと、ちと読む前から胸が痛むのである。

 

あまりにも膨大な知識が目の前の空間に広がって、ポツンと異空間に放りだされたような心もとなさを感じてしまう。

 

でも、知っている。

 

そんな不思議な思いにもかられて

 

なんだか、いてもたってもいられなくなってしまうのです。

 

巨大なグリッドの空間にあてどもなく彷徨う自分。

 

自分のいる世界と作者のいる世界との違いに、呆然と立ち尽くしてしまいます。

 

22は超えられないな、と自虐的にもなりますが

 

それでも、

 

どこかで知っている世界でもあるような気がして・・・。

 

 

☆★レイキメニューのご案内☆★

レイキ伝授レベル1
レイキ伝授レベル2
レイキ伝授レベル3
レイキ体験・練習
料金・お申し込みはこちら
遠隔ヒーリング
料金・お申し込みはこちら
レイキってなに? はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です