4096ヘルツ耳鳴りはストレス? 天界の扉を開く音?

4096ヘルツは天界の扉を開く音

キーーーンという高音の耳鳴りがし始めてどのくらい経ったのでしょうね!?

 

いつか消えるだろうと思っても、消えるどころか、

 

もう耳の一部? ぐらいにいつでもどこでもな感じです(^^;

 

もしかしてこれって、チューニングして周波数があうと

 

ラジオみたいに龍や天使やガイドたちの声が聞こえてくるってヤツ!!?

 

わぁ~~~~っ、楽しそう!!

 

ということで、適当にチューニングを試みてみたんです。

 

(^^;

 

そうしたら、なんと!!!

 

キーーーーーーーンという耳鳴りが

 

キーーーーーーーーーーンという大きな音に

 

バージョンアップしただけでした(^^;

 

あ、でもここで終わりではないですよ。

 

そうしたら何日か前にさくらさんという方がこの4096hzについて

 

波動の違いを聞き分けるという内容でブログにタイムリーにアップしていました。

 

このさくらさんという方、

 

今度の19日にご一緒にお茶する方のレイキの先生で、その方自身もティーチャーの資格を持っていて

 

さくらさんのことをお話で聞いていたので、それ以来、さくらさんのブログも拝見させていただいているのです。

 

まずは4096HZの音を聞いてみてください。

これらの4096ヘルツの音のことをさくらさんはこのように伝えてくれています。

 

これは高い音。

レイキ第3シンボルの領域に

属している音です。

ですので、これが聞こえたら

近くにスピリチュアルガイド達

(または同その領域の波動を持つ存在)

がいるかもです。

 

ですって!

 

ちょっと嬉しくなって♪

 

それからいろいろ4096hzについて調べてみました。

 

そうしたらこの音は

 

地上と天界をつなぐ音、クリスタルチューナーの音、

 

祝福の音、といろいろ出てきました。

 

1時間以上のロングバージョンのものもあります。

4096ヘルツは《第9オクターブ=4096Hz “天使界の扉を開く音”》
と呼ばれ、空間や植物、小物類をも浄化させる作用があるといわれています。

 

だそうですよ^^

 

ということは、たえず4096hzが聞こえている私のすぐそばには

 

スピリチュアルガイドたち(または同その領域の波動を持つ存在)たちが

 

いるってことですね!?

 

なんだか、すご~く、嬉しい♪

 

でもこのように地球上や宇宙には周波数なるものがあって

 

いろんなことやものに作用しているんですね。

 

耳鳴りがなければ、こんなことを知るよしもなかったのですから

 

クリスタルチューナーが耳に響いていてハッピー♪

 

(^^;

 

 

ちなみに、

 

「この耳鳴りからある日突然、龍の声が聞こえたりして」

 

と娘に言ったら

 

「それは龍の声ではなくて、病気です。病院に行ってください」

 

とやんわりと言われてしまった。

 

「でも、病院に行ったら龍の声が聞こえなくなっちゃう」

 

と応戦。

 

「聞こえなくなるまでお薬、たくさん投与してもらいましょう」

 

ですって。

 

せっかくの祝福の音を、なんということでしょうね。

 

まあ、でも地上で天界を感じたりしながらも?

 

このくらいの距離感がいいですね。

 

それでは、それでは。

 

周波数にはこの他にもいっぱいあるようですので、今度、まとめてご紹介しますね!

 

本日もご訪問ありがとうございました!

 

2 件のコメント

  • こんばんは!
    びっくりです!! 私の耳鳴りと同じ音。
    毎日でもないし、長い時間でもないので…病院に行くほどでもないと思って
    気にはなってても放置状態でした^^;

    まさか、こちらで解決してしまうとは!

    どなたかからのお知らせだったのかも知れないと思うと
    ワクワクします ^^
    教えて頂き、ありがとうございます♪

    • はるかさん、こんにちは!

      はるかさんにもあの高音の金属音が聞こえるんですね。

      こうやってひとつずつ理由づけされていくのは本当にわくわくしますね!

      一つの方向だと、病院かな、と思うのですが

      もう一つの方向だと、天界への扉が開くんですものね。

      なんてステキなんでしょうね。

      いつもなにかしらのギフトをいただいているようです。

      はるかさん、本日中には例のもの(笑

      をご紹介させていただきますね!

      ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です