明日はない

先日、最後の晩餐は自分だったら何が食べたいか、

というような番組がありました。

 

上の娘は「カレー」

下の娘は「煮物」

夫は「ビール」と「焼き鳥」

私は「赤ワイン」と「チーズ」

 

でした。

 

なんだか、これで前世の国籍までわかっちゃうんじゃないか、

くらいの最後の晩餐メニューでした(^^;

 

私は最近あまりワインは飲んでいないのですが

でも、なんだか家族が集まり最後に一緒に食卓を囲むとなると

やはり赤ワインが浮かぶんですよね。

 

それで、早速次の日に

カレーと煮物を同時に作ってみたんです。

夫には冷たいビールで。

 

「どうして、今日はカレーと煮物なの?」

と聞く娘たちに(すっかり番組のことは忘れているみたい)

 

私は

「これが最後の食事かもしれないからね」

と答えました。

 

そこでやっと番組のことを思い出して

 

「なるほど」

と言いながら

食べていました。

 

すると夫が

「でも焼き鳥がないよ」

と思い出したように言いました。

 

「まあ、そこはそれで」

と言葉を濁す私(^^; (カレーと煮物で手一杯だったの)

 

すると、また夫が

「そうだ、オレ、昼コンビニで焼き鳥買って食べたんだ!」

 

と一休さんのひらめきのように言ったのです。

 

おおーー、(完璧)と歓声が上がり

 

「そっか、じゃあ、これが最後の食事でも諦めがつくね」

と、納得したよう。(^^;

 

その後はみんな「美味しい」と食べてくれていました。

 

そしてその日からうちでは

 

「明日はないかもしれないからね」

 

が合言葉に。

 

これは越智啓子さんのワークにもありました。

 

もし、自分の命があと1年だとしたら

1ヶ月だとしたら

1週間だとしたら

1日だとしたら

 

あなたは何をしますか?

というもので

限られた「日」をどのように過ごしたいか、でした。

 

その時、改めて自分たちは有限の世界に住んでいるんだなぁ、

と感じたことを思い出しました。

 

いろんな事があって

 

思うようにいかない日のほうが多い気がするけれど

 

でもこれからは今日が最後の日だと思って

 

やりたいことを後伸ばしにせずに

 

やっていこうかな。

 

なんてその最後の食事で思いました。

 

あなたは最後の食事は何にしますか?

 

 

ところで、誰も突っ込んでくれなかったけど

 

私の赤ワイン(ラトゥール)はどこ~?

 

 

(^^;

 

え?

もうすぐヌーボーだからそれにしろって?

 

(^^;

 

本日もご訪問ありがとうございました!

 

でも、やりたいことって、結構いっぱいあるんですね^^

 

 

☆★レイキメニューのご案内☆★

レイキ伝授レベル1
レイキ伝授レベル2
レイキ伝授レベル3
レイキ体験・練習
料金・お申し込みはこちら
遠隔ヒーリング
料金・お申し込みはこちら
レイキってなに? はこちら

 

2 件のコメント

  • 最後の晩餐(゜_゜;)
    僕は柚子さん派❤️
    ボジョレー・ヌーボーもロマネ・コンティも飲みたい人です
    (*^^*)ロマネ・コンティどんな味?!(・◇・;) ?
    今はルバクオーリ号が勝った時のために買ってあるルバクオーリが飲みたいです(`ー´ゞ-☆

    この前
    日本人の数え年のことと阿吽のことからの法話をしてきました
    (’-’*)
    日本人はお母さんのお腹の中で過ごした十月十日を1年と数え、生まれた時は0歳ではなく1歳と…
    年齢は年を重ねた数字ではなく、心を育てた年数と…
    十月十日を組み合わせると「朝」という漢字になります✨
    阿吽の阿も十月十日も朝も、生まれる❗ってことなんです~
    ♪ヽ(´▽`)/
    対象に吽、晩、死があります…
    生まれたときに帰る日も同時にもらって来ています
    帰る日が大事なのではない!
    大事なのは、帰る時に何を胸を張って持ち帰るか❗
    どんなお土産を持って帰れるか❗

    スピ要素も加えた前向きな法話が出来ました✨
    楽しんじゃった(*^^*)

    まさに、僕たちの世界は有限、限られた生きる時間をどう使いたいか!?
    確認しながら、家族と確認し合いながら過ごせたらステキですね
    (σ≧▽≦)σ

    越智さんの龍の本、また読み返してみようかな( ゚ー゚)
    柚子さんのブログを見て、本屋さんに行ったんだった
    (^-^)ゝ゛

    • たいこうさん、こんばんは!

      数え年はそういう意味だったのですね。
      そして朝の漢字も、本当だ、十月十日です!

      たいこうさんのお話を聞かれた方々は
      スピ要素も加えたということで
      とても納得と満足されたのではないでしょうか。

      帰る時に何を胸を張って持ち帰るか、
      どんな記憶のお土産を持って帰れるか。

      これからの一日一日の過ごし方がお土産になっていくのですね!

      すてきなお話をありがとうございました^^

      あとは、ボジョレーとロマネ・コンティがあれば
      冥途のお土産に花が咲きますね!!
      ルバクオーリも楽しみですね( *´艸`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です