痛みが苦手

私は痛いのが苦手である。

先日のコロナワクチンの副反応の時は、水を飲むと軽く嘔吐まで感じてしまいました。

そして熱で体がなんだか・・体から少し離れたところで痛んでいてとても心地がよくなかったのです。

自分がそんな状況になると思い出すんですよね。

私は「痛み」が苦手なんだって。

すべての体の不調が痛みとして感じるのです。

もちろん外傷的な痛みもね😆

痛みによって日常生活のパフォーマンスがめちゃくちゃ低くなったり、0%になることもありえます。

中学生の頃、痛み止めを飲み続けたら薬が効かなくなったことがありました。

薬での痛み止めは永久ではないのだなぁ、とその時に思ったものです。

その時に薬では効かないので、「痛みのちらし方」や「痛みから意識をそらす方法」のようなことを今から思えば怖ろしいのですが、なにやら自分の人体で試していました(^^;

思えば中学の頃から「痛み」は不快だと思っていたのでしょうね。

 

時が経ち

私は健康ではあるものの子どもの頃から一定期間の割合で体がダウンしてしまうことが多々ありました。

自分の基礎的な体力のなさが原因だとは思っているのですが、こればかりは。

そこに精神的な要因も加われば、もう、ね(笑

 

でもそんな時に私はエネルギーというものを知ることができたんですよね。

そうしたらそのエネルギーが楽しくて✨✨

楽しくて使っていると、光の存在からもその使い方や応用や可能性を導かれていきました。

そしてね。

先日とうとうね。

私がこれからの人生をどのような方向へ進んでいくのかをホログラフィーのようなもので視覚化できました。

これからの人生はきっと私が子どもの頃から感じた「痛み」というものと向き合うのだと思います。

痛みは生活のパフォーマンスをいちじるしく低下させてしまう。

軽減できるものなら軽減、もしくはなくしてしまいたいものです。

 

歳を重ねていくといろんな感情が削ぎ落とされていって、残るのは「ナチュラルな愛」、そう思えるようになるまで「奇跡のヒーリング」を自分のものにしていきたいと思います。

いろんなヒーリングがありますが、私は自分の目指すものを極めていきたいなぁ、と思います。

肉体の痛みへのアプローチ。

これが可能になったらどれだけの人が日常をもっと楽しめるようになるのでしょうね。

 

もちろん延命とかではないですよ。

人の寿命は勝手に変えられませんからね。

ただ、どんな状況でも痛みがなくなってくれれば人は穏やかでいられると思うのです。

私はいつも眠っている間にスヤっとあちらに還りたいと(天に)言っています。

そのためにも痛みはどこかへ去っておいて欲しい(笑

きっと私の願望が、「肉体の痛みへアプローチする」というヒーリングを形にする、となっているのでしょうね。

さあ、楽しく鍛錬していきましょうね。

 

数年先になるかもしれませんが、どうぞ楽しみに待っていてくだされば嬉しいです。

 

本日もここまで読んでいただきありがとうございます💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です