執着があると悲しくなる

ワクチン2日目の接種が終わりました。

1回目より2回目の副反応がきつかったです😆

24時間が過ぎてやっと食べ物を食べたい気持ちになりました。

それでその食べたいものが「おかゆ」だったんです。

しかもはちみつ漬けの梅干しと✨

幸いにも下の娘が来てくれて猫ちゃんたちの世話をしてもらいました。

そのついでに主婦歴2年のその娘におかゆをリクエストしたんです。

そうしたらてっきり冷凍ごはんで作ってくれるものと思っていたのですが、娘はなんと以前にもご紹介したホットクックで白米から作ってくれたんです✨✨

ちなみに娘のおうちにもホットクックあります😆

まさかホットクックでおかゆなんて想像もしていなかったけど、それは絶対的に美味しいハズなんです。

熱でふらふらで何かが削ぎ落とされたような体の感覚が始めに欲したのは「透明な味のおかゆ」で、

そしてそのお味は、もう極上でした💖

これからしばらくはおかゆがやみつきになりそうです😄

それでその時私思ったのです。

結局、そうなんだなって。

おかゆは無色ではないけれど無色透明だな、って思ったんですよね。

おかゆは、なんだか執着を手放してあちらに還るときの気持ちに似ている、なんてね。

いろんなものが削ぎ落とされた味、いろんな感情が透明になっていく感覚みたいで。

あれも食べたい、これも食べたい。

から

これが食べたかったんだ。

あれがしたい、これがしたい。

でも結局は

本当はいろんなしがらみや感情を手放して、シンプルに安心して暮らしたかったんだ。

と。

死ぬときはこんな透明なお味の人生で終わりたいなぁ、なんて。

それはたくさんの経験をしたからこそそう思えることでもあるのかも。

なんといってもこの地球は体験の場ですから。

今、目の前に起こっていることが自分の体験したいこと、と言われてピンときますか?

私は「えーーー? そうなの!?」と思ったものの

そういう視点から目の前に起こる現象を眺めるようにしたら、それがストンと腑に落ちたのですよ、奥さん。

それをもっと早く自分の中でストンと腑に落とすことができていたら、これまでの劇場型体験はしなくて済んだかもしれません(^^;

でも、結局はそういうことなんです。

いかに地球での生活を無色透明なカプセルに詰め込んで還ることができるか。

こってり重いと還る前の途中の層から「おーーい、荷物こっちだよ」とお声がかかるかもしれません。

その感情の荷物たちがその層にとどまると、根源からの恩恵である愛の光が遮られてしまうのですね。

まだ地球にいる人たちに100%の根源からの愛の光を受け取ってほしいですものね✨✨✨

そうなったらきっとみんな「地球に生まれてよかった」と思うでしょうか💖

 

そして。

ワクチン接種から32時間経過すると・・・。

普通の食事し始めました😄

やれやれ。

おかゆの透明な味を欲したのは実に副反応で体が弱っている短時間だけでした。

・・・ということは、まだまだ体が動くうちはこれからも各種素材の味の人生を楽しむということですね😄

でもなるべく自分の好きな素材を選んでいこうっと💖

 

それでは。

本日もここまで読んでくれてありがとう😘

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です