「龍」への手紙はパワフルなコミュニケーション

ドラゴンへの手紙

龍(龍神さま)は日本酒の大吟醸が好きとのことでしたので、

 

その事を聞いて以来、毎月1日と15日に写真の龍神さまに召し上がっていただいています。

 

 

各地域の大吟醸を探すこともあって、

 

龍神様喜んでくださるかなぁ、とあれやこれや想像することが楽しみになっています^^

 

それ以外にドラゴンへ手紙を書くということは、とてもパワフルなコミュニケーションだそうですよ。

 

ドラゴンへの手紙
 

いつもありがとうございます、という感謝の気持ちや願いごとを声に出して言うこともできるそうですが、

 

手紙に書く方がよりパワフルであるそうです。

 

そしてドラゴンを起動させる方法でもあるそうです。

 

起動とは、龍のパワーにスイッチが入り目覚めさせるということだと思います。

 

長い間写真に写ってくださっていた龍神様が、相次ぐ龍関連の本やブログを私が読むことによって、

 

その存在を認識と理解し始めていることを喜んでくださり、

 

またとても会いたい気持ちを前面に出したので

 

先日のニューヨーク旅行の時にもその姿を現してくれたのだと思います。

 

その意味を考えるときっと今はいろんな方に存在を知ってほしいと思っていると思いますので

 

手紙は龍がその存在を感謝されてインスピレーションを得られるパワフルな伝達方法ということですね。

 

この手紙は私自身が書きたいと思ったときに、またはすぐに引き出しできるようにしたものです。

 

ドラゴンはそれぞれに個性が強く、手紙は特定のドラゴンに宛てられることを好むそうですので

 

私はパステルの虹色に写ってくださった水を司る龍神様にお手紙を書こうと思います。

 

龍への手紙

 

手紙に書いた後、注意しながら燃やす方法が最善だそうですので

 

手紙を書いて龍に届ける場合は火の元に注意しながら行ってくださいね!!

 

この手紙の内容は大天使パーフェクトアセンションガイドからお借りしています。

 

ウォータードラゴン(水)の他に、

ファイヤードラゴン(火)自分の周りのエネルギーをクリアーにしてくれる、

アースドラゴン(土)(地)家の土地を浄化し守ってくれる、

エアードラゴン(風)オーラをキラキラと輝かせクリアーにしてくれる、

 

のそれぞれのエレメントに向けたもう少し詳しい手紙の内容があります。

 

またどの龍が自分とご縁があるか、自分と性格があっているかなどをご紹介している本は

 

「龍使い」になれる本

龍神さま開運手帖

 

などをご参考くださいね!

 

 

ドラゴンはそれぞれに個性が強く、手紙は特定のドラゴンに宛てられることを好むんですね。

 

また、良いマナーを好むそうです。

 

どの種類の龍とご縁を持ちたいかとかはちょっとハードルが高い気がするのですが

 

マナーに関してはすぐに実践できそうですよね。

 

あっ、でも。

 

龍と暮らせる人というのは、特別に選ばれしものでもなんでもなく、

 

心に多くの希望や祈り、願望、野心に慈悲の心をしっかりともっている人であり、

 

何よりも龍が欲しいと心から願っている人が龍と暮らせるのですよ。

 

龍の中にはとても人間のことが大好きで、人恋しく想い人間を不運から守ろうとする龍も存在しています。

 

私たち人間誠意を持って心から龍に逢いたいと願うことで、その祈りは龍に届きあなたの心に龍が宿ります。

 

龍神さま開運手帖 より

 

 

↑ ↑ これ私のことだぁ、と思いました^^

 

龍に逢いたい、と思ったらすぐに写真に写ってくださったもの。

 

気持ちを込めれば応えてくださるんですね❤

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です