「龍」を呼んで乱気流を止めてもらう? 目に見えない守護のバリア

 

新幹線などの乗り物は平気だけど飛行機は怖くて乗るのがいや!

という方は結構いますよね!?

 


私も例外にもれずそんな一人です。

 

だから娘にニューヨーク行こうと誘われた時に真っ先に思ったことは

 

飛行機乗りたくな~い!!  でした。

 

もしもパイロットが精神疾患だったら?

もし鳥がエンジンに入ってしまったら?

もし飛行機で火災が発生したら?

もしテロが起こったら?

 

と、ありとあらゆること考えてしまって。

 

しかしそんな不安をよそに無常にも日程が刻一刻と迫ってきて、とうとう飛行機に乗る当日になっちゃったんですよね。

 

霧で2時間遅れの出発から始まり、そして離陸してからすぐに不安定な大気の中で

 

ものすごく飛行機が揺れるんです。

 

その度に私、バッグを抱えてその中に入っている写真の龍神様に叫んでいたんです。

 

「助けて~っ」

 

「助けてください~~~っ」

 

って。

 

龍は私のそんな姿を見て意気地がないなぁ、やれやれ、と思いながらも

 

飛行機の先に行って乱気流を止めてくれてくれていたのでしょうか。

 

 

と言うのも、ドラゴンマスターのグッドニー・グドナソンさんという方が乱気流に巻き込まれたとき、

 

友人の龍を呼んで止めてもらっているそうなんです。

 

もっともその龍は羽があってその羽を開いて気流を調整してくれるそうです。

 

また龍との遭遇体験が何度かあるという坂本政道(まさみち)さんは

 

飛行機に乗っていて乱気流に遭ったときは「鎮めてくれ」と頼んだりするそうです。

 

私が飛行機に乗って「助けて~」と(心で)叫んでいたときはお2人のそんな話は全然知らなかったのですが

 

でも、でも、龍はそういう願いをしてもきいてくれるんですね!?

 

やっぱりあの時、叫んでおいてよかった~。

 

しかも飛行機がどどどどっ、と揺れる度に叫んでたもの(^^;

 

もちろん帰りの飛行機でも。

 

お陰さまで無事に日本に帰ることができました^^

 

龍や龍神さまを守護としてお迎えすると(ご縁を結ぶと)、
私たちの目には見えないパワフルなバリアが徐々に強化されていくそうです。

 

結局、「龍」を呼んで乱気流を止めてもらう、というのは私の根本的な不安が招いた思いなのですが

 

龍とのご縁を持つことで、いつも龍が見守っていてくれるので
不安や心配から起こるネガティブな感情を少しずつ自力で浄化できるように導いてくださるそうです。

 

龍神さま開運手帖より

 

乱気流から発生した不安を龍にお願いすることで自分の気持ちを落ち着かせられた、ということでしょうか。

 

あるいは本当に飛行機の先に行って乱気流を止めてくださったのかもしれません。

 

龍って本当に頼もしいですね!

 

目に見えない守護のバリアで不運の時も最小限のダメージで抜け出すことが容易になるとのこと。

 

なんて嬉しいことでしょうね。

 

最近電車で座っている人の前に立つと、その人が何駅かで降りる確率が高いんですよね。

 

だから真ん前で立っている私がその後に座れることが多くて

 

思わず後ろを向いて

 

「ありがとうございます!」と声をかけて(小声で)喜んでいます♪

 

このありがとうございますは龍だけではなく、守護霊様や私をサポートしてくださっている存在に向けて発しているつもりです。

 

「今日もツイてる~」

 

そう言いながら仕事に向かっています^^

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

目に見えない守護のバリアを大切にしたいですね。

 

いつもありがとうございます❤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です