虹の龍は神の使い

2016年11月22日にニューヨークメモリアルセンターに辿り着いた時、iphoneで撮った写真に

虹色の龍神様が写ってくださっていました。

 

 

そのことを投稿したのが「龍が光となって降りてきてくれました」という記事なのですが

それからいろいろと調べていたら

 

この虹色の光をした龍は「虹龍」「虹の龍」または「レインボードラゴン」と呼ばれているようです。

 

水をつかさどる龍神様だそうです。

 

「虹の龍は神の使い」を説明してくださっているのがエジソンの母さんのブログです。

 

涙の乗馬体験。虹の龍は神の使い

虹の龍~天の下と大地の上に立つ~

 

今年の2月以降、龍の本が次々と出版され始めてから、私は急にかつて写真に写ってくださっていた龍(龍神様)に会いたい、知りたいと思うようになりました。

 

そんな折、いろいろなブログを拝見する中、このエジソンの母さんのブログに出会いました。

 

不思議なことに私の知りたい内容をいつもタイムリーで載せてくださるんですよね。

 

虹の龍についての記事を2016年11月16日に上げていただいていて虹の写真を見て、すごいなぁって思っていました。

 

私が娘とニューヨークに旅行に行ったのが11月18日で、メモリアルセンターの虹の龍は22日に撮影したものです。

 

もしも龍に出会えたなら、というこのブログを作り、

 

会いたい、知りたい、という気持ちを前面に出したから、このように応えてくださったのかなぁ、と思っています。

 

そしてエジソンの母さんのお志事は「神々様が存在する」と確信してもらうことだそうです。

 

写真の虹の龍神様もきっとそう思ってくださっていると思います。

 

 

あ、あと書籍でご紹介している本は全部購入しているものです。

お薦めの龍とスピリチュアル本

 

この中でドラゴンライダー(龍の御使い)という本があるのですが

 

その本の中に

 

(ビジョンに)浮かんだ沖縄の龍のスポットは世界一エネルギーが高い場所!?

 

という章があるのですが

 

金龍と白金龍神が二重のらせんを描きながら富士山の頂上から入り(省略)
たどり着いたところは、沖縄でした。

 

ニ龍は、沖縄のある地点をめがけてすごい速さで降りていきます。
途中で「ナゴ」という音が響きました。

 

なんだか本を読み進めていく間、エジソンの母さんが交信している白龍神様とかぶってしまって。

 

本に古宇利島という地名も出てきて

 

念のためグーグルマップで場所を見てみましたら

 

古宇利島は今帰仁村古宇利という住所でした。

 

これって今帰仁ノロ殿内の龍眼の木もすごく近いのかなぁ、って。

 

本の作者さんも沖縄の地理は詳しくないそうです。

 

日本、沖縄から世界へと龍脈を繋ぐときがやってきたという章もあって

 

なんだか、いろんなことが繋がっている今日この頃です。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

私にいろいろな情報を教えてくださる皆さまに感謝しながら

 

もしも龍と出会えたなら、まだまだ続きます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です