【漫画】目醒めのあとの壮大なストーリー

光の戦士

目醒めた後にこんな壮大な(?)ストーリーが待っていました。

 

144000人の光の戦士

地球のアセンションのためにこの時期に目醒めを決めてきた魂が144,000人というお話を聞いたことはありませんか?

これはみな自己申告なので😅

私もちょいと便乗してみました。

なんたって想像するのは自由ですからね。

そしてそれが本当かどうかも神のみぞ知ることなのかもしれません。

そして地球のアセンションに関わる魂は144,000人よりも多かったのではないでしょうか。

そしてそのうちの1人が自分って。

考えるだけでもワクワクしますね。

自由すぎる✨

今の私💖

 

そうそう、このNY旅行の目的だったのですがまだお話していませんでした。

実はこの旅行は娘から持ちかけられたもので、その理由がですね。

実は

実は!!!

ポケモンGO!のレアキャラをGETするためだったのです。

な、なんだってーーーーーーっ!!!

ポケモンのレアキャラゲットのために命をかけて飛行機に乗るなんぞ、どうかしてるぞ、おい娘よ😅

それでセントラルパークで無事ゲットしたのがこれ

ケンタウロス

ケンタロス✨

それがニューヨークではレアキャラじゃなくて、セントラルパークではうじゃじゃいました😅

娘よ。

このポケモンGOの旅は大金すぎたんじゃないかい?

もちろん本好きの娘はSTRANDめぐりや古本を探したりして他にも楽しんでいました。

私は新婚旅行で夫とNYは来たことがあったのですが、この娘との旅行はかなり質素でニューヨーカーの素の日常を体験できた感じがします。

夫との旅行は今思えば20代の夫婦にとっては豪華すぎだったかも。

我々のあのいっときの時代はなんだったんだろうか。

ドレスアップしてリムジンなんかに乗ってマンハッタンの夜景を見ながらのディナーを夫としたのよね。

お店の人はみんなとても親切だった(チップを期待していたのかも😅)

あれから数十年。

あの華やかな時代はもうどこにもないわね。

次元の波の彼方へ・・・。

 

娘との旅行はある意味、真逆のNYを楽しみました。

スーパーめぐりも楽しかったし、スーパーや市場で買ったものをホテルで食べたことも楽しかった。

今どきの若者たちの海外旅行ってこういうものなのだなぁ、とその質素な旅もいいんじゃない、と思いました。

地方や海外では市場を歩くことが楽しみなのですが、それが叶った娘との旅行でした。

あれ?

結構楽しんでたね、私。

でも日本に帰るとまたツラい日常があるので心からの楽しみはできなかったように思います。

あれから4年かな。

今ではまるでそんなことがなかったかのような、日常にいます。

すべてが目醒めのためのものだったのだと、今では思うことができます。

人はそんなふうに決めてくるのでしょうね。

生まれる前に。

 

思い出しても思い出さなくてもいいことも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。