必要なときに必要なものが届くシステムの領域

はじめての透視リーディング まさよ

 

おかげ様で先日遠隔レイキのモニターさんを募集させていただいて、

 

今日がヒーリング残り1日となりました。

 

皆さまからの本当に嬉しい感想が次々と届き、もう天にも昇るくらい喜んでいます^^

 

ありがとうございます!

 

さて、さて、

 

まさよさんの新刊の「はじめての透視リーディング」の本を買って読んで聞いたのですが

 

この本のCDは、まさよさんが長岡書店さん主催で

 

「まさよ式透視リーディング&チャネリング特別一日講座」を行ったときのものが入っているそうです。

 

この時の定員は20名の募集でした。

 

私はどうしてもまさよさんのこの講座を受けたくて

 

しかも応募の条件とかが記載されていなかったので、私は先着順だとばかり思っていたのです。

 

その応募の日は朝からソワソワして

 

募集開始時刻ピッタリに応募のメールを出す!! と決めていて

 

その時間の5分前から、トイレ行ってきます! と職場の人に宣言して

 

トイレにこもっていたのですよ。

 

そして、1分前でも、1分後でもいけないと思い

 

もう、カウントダウンして、

 

時間になりました!

 

送信~~ん!!!

 

いくらつわものたちが居ても、きっと私のメールは絶対に定員の20人以内には入っていたハズなんです。

 

もうその日のお仕事は、まさよさんの講座を受講する自分を想像したりして心がそこにはいませんでした。

 

(^^;

 

そしてあくる日、

 

こんなメールが書店の担当の方から届きました。

〇〇開始いたしましたところ、

あっという間に〇〇〇の応募をいただき、

定員20名のところ、たくさんの方より参加希望をいただきましたので、

抽選とさせていただいた結果、誠に残念ですが今回は落選となりました。

 

な、なんだってーーーーーーーーーΣヽ(`д´;)ノ

 

先着順じゃなかったんか~~~い!?(心でのツッコミ)

 

でも、そのメールを見た瞬間、

 

「あ~あ、やっぱりね」

 

と思う自分もいたのです。

 

ふぅ~ん、やっぱりそうかぁ。

 

やっぱりね。

 

どうせ、わたしなんか。

 

いつだって当たらないんだから。

 

イジイジ。

 

といじけた柚子であったのですが

 

そうは思ってもそこはやはり強がりの自分も顔を出し

 

「やっぱり必要な人に届くのよね~」

 

と夢幻さんに、負け惜しみの愚痴を吐いて、終わりにしました!

 

(^^;

 

ところがね、これ、逆の側だと、その意味がよくわかるんです。

 

今回、遠隔レイキのモニターさん募集でもそう思ったんですけど、

 

あ、やっぱり必要な方に届くようになってるんだなぁ~って。

 

何が必要かっていうのは、募集をかけた側も、応募した方も、

 

「合う」時といいますか、なんだかそういうものを感じたんです。

 

 

そして、今、その時の「まさよ式透視リーディング&チャネリング特別一日講座」が本とCDとなって私の手元に届いたんですが

 

実は、今ならこの本でまさよさんが伝えていることが、よくわかるんです。

 

今、おお~! 

 

というくらいわかるんです。

 

おそらく、半年前のあの時に受講していても、

 

全然理解できなかったし、その段階ではなかったと、今、そう思うんです。

 

タイミングって本当にあるんだなぁ。

 

そして、そのタイミングを巧みにはかってくれているのは

 

視えない存在たちでもあるんだなぁって、

 

そういう縁の不思議も体験して感じているこの頃です。

 

でも、どうやってタイミングをはかってくれているんでしょうね?

 

それはですね。

 

自分で決めたときからなんです。

 

自分でこうする、と方向性を示した時から見えない存在たちは動いてくれるんです。

 

決めたときから、必要なものが届くシステム。

 

なんだかすごく便利なグッズを手に入れた気分♪

 

そうそう、私はガンダムシードのキラ・ヤマトになりたかったのですが(^^;

 

なんと!!

 

羽生結弦選手が今期のアイスショーでケミストリーのWings of words、

 

ガンダムシードデスティニーの曲で滑っているんですよ~。

 

この曲の頃は主役がシンからいつの間にかキラに戻っていた頃で

 

これも、もう、引き寄せじゃないかと自分ひとりで( *´艸`)mムフ となっています。

 

でも、実はこの必要なものが届くシステムなんですが

 

どうやら、古いOSでは機体を動かすことができないガンダムのように

 

対応できるOSというか、対応する領域まで行かないと届かないというメソッドがあるようです。

 

どの領域やどういった領域かというのは

 

自分で探して、体験してみるのも楽しいかもれませんね!

 

ちなみに、私の場合は

 

ふぅ~ん、やっぱりそうかぁ。

やっぱりね。

どうせ、わたしなんか

 

などの領域では、なんにもお届けなかったです。

 

どうぞ、皆さんも試してくださいね。

 

 

あと、今日は

 

夢幻さん、光たち、よろしくね!

 

そう言って、夢幻さんたちを送り出しました^^

 

見かけましたら、どうぞよろしくお願いします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です