スピリチュアルも呼吸から

呼吸は体と魂のかけ橋だと言われますね。

 

この世に生まれたとき最初にするのは息を吸うことで、この世を去るとき、最後にするのは息を吐き出すことだそうです。

 

命とは呼吸の連続で、半分しか呼吸しないということは、半分しか生きていないということらしいですよ。

 

今日は簡単に、純粋なエネルギーと呼ばれる「氣」(プラーナとも呼ばれます)を引き入れる呼吸をご紹介します。

 

 

これは完全呼吸法と呼ばれるものです。

 

「氣」を意識して呼吸することで、体と魂の結びつきが強固になり、自分自身がしっかりと保てるようになります。

 

呼吸は現実とスピリチュアルの架け橋でもあり、命なのですね。

 

半分しか呼吸しないということは、現実社会か、スピリチュアルか、どちらかに偏っているということでもあるのでしょうね。

 

どちらの世界もバランスよく呼吸して、自分自身を「純粋なエネルギー」で循環させましょう。

 

疲れていたり、不安になったり、落ち込んでいるときなども、意識して呼吸で体と魂をつないであげてはいかがですか?

 

週末でリラックスしながら試してみてくださいね。

 

呼吸を意識するたびに、自分は完全な存在であることを、純粋で平等なエネルギーが思い出させてくれるようです。

 

本日もごありがとうございました❤

 

 

レイキの体験・伝授のお申し込みはこちらから

アメブロもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です