龍はただそこにいる。それだけ

先日ダンナ様は霊媒師 という本を買って読みました。

 

本屋さんにこの本が並んでいたときに「ケプリ夫人」とあったので

 

ダンナ様は外国の方かな、と一瞬思っちゃいましたが(^^; 日本の方でしたね。

 

 

そうしたらブログもお持ちのようでしたのでちょっと拝見しました。

 

すると最近の記事の一つに

 

龍はただそこにいる。それだけ

 

というのがありました。

 

空の龍雲を写真に撮って、龍かどうか鑑定に訪れて

 

それが龍であると伝えると

 

「やったぁ! 何か私にメッセージってありますか?」

 

とか

 

「私は龍が付いてる」

 

とか言う方がいたり、

 

「写っているのは龍ですか」と聞かれる機会が増えているそうです。

 

実際には、龍はただそこにいただけ、だったそうです。

 

この記事を読んで写真を撮られた龍の気持ちってどうだったんだろう?

 

と思ってしまいました(笑

 

私も先月、龍のような雲がたくさん空を泳いでいたので

 

思わず「おーーい」、と手を振ってみたりしたので(^^;

 

私が気づいたの、気づいてくれたかな?

 

とか、龍が気づいてくれたときの表情とか、想像すると楽しくて^^

 

ただ、それらの龍たちが自分に関わりがあるとか、メッセージをくれているという感覚ではなくて、

 

本当にあ、龍たちが泳いでる、気持ちいいのかなぁ、とかそういう感じで。

 

ただ、もしかしたら龍のほうも自分の存在に気づいてくれて嬉しいかもしれません。

 

そして、自分(龍)を意識してくれてるけど、一体どんな人なんだろう?

 

と龍の方から興味を持たれることもあるかもしれません。

 

そういうことから「龍とつながる」などということもあるかもしれませんね。

 

 

ケプリ夫人の記事にも

 

ケプリさんに龍は付いていません。
かなり前に龍を捕まえたけど
相性合わなくて手放したそう 笑

 

とありましたが

 

やはり相性というか

 

龍の個々にも性格があるそうなので

 

龍が必要な人を見極めたり、やはり相性もあるでしょうし、

 

そして何より自分自身が龍を求めて、龍が応援したいと思われる人であるかどうかということのような気がします。

 

龍と龍神様との違いや解釈もいろいろあるでしょうが、

 

でも肝心なことは

 

自分の人生をどう楽しく生きているか、それに尽きると思うのです。

 

 

空に龍の雲がいっぱいある時は

 

エネルギーを循環してくれてありがとう、と伝えるのもいいかもしれませんね。

 

自分へのメッセージを求めるのではなくて龍へ感謝の気持ちを送れば

 

いつか龍の方も、そんなあなたに気づいてくれるかもしれません。

 

いつも感謝を続けているあなたが、落ち込んでいたらそっと頬を風でなでて励ましてくれる、

 

そういう距離感から、徐々につながっていけるかもですね^^

 

 

私もちょっと何かあるとすぐに落ち込んでしまうけれど・・・。

 

でも夢幻(無限)さんという名前をつけた私の? 龍は

 

とても愛情深くていつも私たちのことを気にかけてくれているんです。

 

 

それは私たちがきっと自分から必要以上にお願いやメッセージを求めたりしないせいかな、と思うのです。

 

龍の性格って本当にあるんです。

 

距離感も。

 

 

落ち込んでも自分軸があるからまたすぐに楽しい気持ちに戻れることも

 

必要以上に依存しないことも、龍は知ってくれているんです。

 

 

 

龍が付いているからすごいではなくて

 

龍がいてくれて嬉しい、くらいの気持ち感? が心地良いのかもです^^

 

 

そうそう、ダンナ様は霊媒師 の本ですが

 

絵も可愛くて、とても楽しくてイッキに読めました♪

 

ブログもこれからちょくちょくお邪魔しようと思います。

 

それでは、それでは。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

そうそう、ケプリ夫人の最新の記事に

 

攻撃されたら花を植えよう

 

という気になる記事があって読ませていただいたのですが・・・。

 

これって

 

龍 – 霊魂の世界から舞い降りた霊力

 

という本の「青い龍の勉強」という章なんじゃ?

 

と個人的にうなっていました。

 

 

(^^;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です