エネルギーを体感しながら理解していく喜び

人は生まれた瞬間から死へと向かっているわけですが、死はこんな風なのがいいな、と今からイメージしています😅

私は子どもの頃から1年に何回か謎の体の弱る期間があります。

それは大人になっても相変わらずそうでした。

レイキと出会った時に、もしかしたらそういう自分が改善するのでは!?

そんな予感にときめきました。

そしてレイキなどの宇宙エネルギーのヒーリングで実験していきました。

 

最近もやはりあの謎期間が訪れました。

もちろん私たちは死に向かって毎日を生きていくわけですから、体の老化は免れませんね。

以前はちょっとしたことでも心配になって、ネットで症状を検索して出てきた病名を見ては不安になっていました。

しかしレイキなどの宇宙エネルギーを体感してきた今の私は、症状が出ても怖がらなくなったのです。

もちろん一度肉体の痛みがマックスになってしまうとそれが治(おさま)るまでにはやはり時間がかかります。

それでもエネルギーを扱えると、痛みに手を当ててみたり、また眠っている自分にまでヒーリングできるので、心的な痛みや不安はグッと軽減されます

必要ならばお薬や貼り薬など使いながら、マックスの肉体的な痛みがとれていくのを待ちます。

そしてヒーリングをお願いしていない時でもエネルギーたちはヒーリングをしてくれるので、そのやさしさに身を任せて、心から感謝を伝えています。

自発的にヒーリングしてくれているのは身近な光たちやワームホールを行き来している光たちだと感じます。

一度肉体の痛みはマックスになってしまったら残念ながら瞬時に治るというのは難しいかもしれません。

でも宇宙エネルギーや色々な存在のエネルギーで包んでくれて痛みもヒーリングしてくれているという安心感が半端ではありません。

 

今回も例によって謎に体の弱くなる期間が訪れたのですが、今となれば以前の謎期間とはまったくの別ものになっています。

肉体は死に向かって老化をしていっているのに、以前よりもはるかに軽減されているのです。

私の持つ最高時の肉体的精神的パフォーマンスが100%だとすると

エネルギーというものを知る以前が50%だったとします。

そしてエネルギーを日常に取り入れている今は75〜80%と感じます。

残りの20%はあちらへ還るための肉体を老化させてゆく余白エリアと言ったところでしょうか😆

 

とにかくエネルギーは心(氣持)を安心させてくれるもので、それはもう間違いのないものだと思います。

 

だから私はこれだけは伝えていきたいと思います。

他者からヒーリングを受け続けるのではなくて、まずは自分で自分をヒーリングできることのほうが先決だと思います。

自分ができてから他者からヒーリングを受けるほうを私はお勧めします。

他者からヒーリングを受け取ることのメリットはもちろんあります。

私自身も他者からのヒーリングはとても心地よく、「はぁ、氣持いい💖」となります。

しかし誰もが自分をヒーリングできたほうが依存のない宇宙的な流れとして自然であると私は認識しています。

日常で自分をヒーリングしていくことで、同じ痛みでもきっと以前とは違う受け止めをしてくることでしょう。

きっと焦ったり不安を強くせずに「この痛みをどうしようか」、と、第三者的な別の角度から痛みの軽減を探していけるようになるでしょう。

そしてエネルギーを日々に活かしている方々はきっとこの意味がわかることでしょう。

ヒーリングは受けるよりも自分で自分をヒーリングしていくほうが、よりエネルギーを理解していくことができるのですね✨

 

なんだかまた長くなってしまいました😅

どうぞ他者からヒーリングを受けたなら、自分でも他者へヒーリングを流すようにしていったらいいですね。

気がつくとみんながエネルギー使いになっている、そんな理想的な世界が広まればいいですね。

 

それでは。

今日もありがとう〜💖

また無料ヒーリングしていきますので、エネルギーを感じてみてくださいね。

対面をご希望の方はお近くの方をご紹介できるかもしれませんので遠慮なくお問合せくださいませ✨

2 COMMENTS

y

元々エネルギーや波動などに興味が有り、柚子先生からレイキを伝授して頂いてから色々と気付いて毎日楽しく過ごしております♪歳は確実に取ってるのですか何故か病気もせず年々元気で回りには魔女ではないかと恐れられてる今日このこの頃です(笑)

返信する
柚子(yuzu)

yさん、こんにちは!
また先生をつけてますね(^^;

我々はエネルギー使いの美魔女ですものね〜。
あ、美はつかないかしら(笑
まわりが恐れるほどますます健康で若返っているとのこと。
yさんの正体がバレないようにしないとですね!
実は!?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です