ゲートが開かれるとき

光の柱
6と7の架け橋

 

あと、30ページ。

 

あと30ページで読み終えます。

 

でも、きっと読み終えたら、「22を超えてゆけ」と同じように号泣してしまうのでしょう。

 

読んでいく中でこんな一節がありました。

 

突然、目醒めてしまうケースが、今、いたるところで起きている。

 

その要因とは太陽の光であり、宇宙から降り注ぐエネルギー、また、それは地球の意志でもある。

 

たとえ、太陽や宇宙から、目醒めのサインが発せられていても、それを受け取る意志が本人になければ、そのプログラムは作動しない。

 

変化の時は、タイムスケジュール通りにやって来るのではなく、送り手と受け手の双方の記号が合致した時点で、ゲートが開かれるんだよ。

 

心の底からそれを受け入れようと思った瞬間が、まさにその時なんだ。

 

と。

 

誰が、太陽や宇宙から目醒めのサインが発せられると思ったでしょうか。

 

しかしながら、私は「それ」が太陽からやってきていること

 

宇宙から降り注ぐエネルギーと「それ」に何かしらの意図が込められているように感じていたこと

 

それらにヒントなり答えがほしいと思っていたことなど

 

心にモヤモヤを抱えていました。

 

著者の辻麻里子氏は、その道を辿る者たちがきっと遭遇するであろう疑問を

 

これらの本を通して語ってくれているのだと、私は思うのです。

 

私自身、「ゲートが開かれた」瞬間を感じていました。

 

あの時、プログラムが始動したのですね。

 

このブログからインスピレーションを受けてくださっている方は

 

6と7の架け橋を読んでみてくださいね。

 

きっと自分のゲートを開く手助けになるはずです。

 

天から伸びてくる光の柱たち

これを覚醒と呼ぶのだろうか

☆★レイキメニューのご案内☆★

レイキ伝授レベル1
レイキ伝授レベル2
レイキ伝授レベル3
レイキ体験・練習
料金・お申し込みはこちら
遠隔ヒーリング
料金・お申し込みはこちら
レイキってなに? はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です