「また一人ひかりが灯りました」、と「無料ヒーリング」のお知らせ

エネルギーと光

昨夜は3年ぶりにクオンタムタッチの練習会に参加しました。

コロナでクオンタムタッチの講習もオンラインのみだったようで、練習会も対面では行うことができていなかったそうです。

昨夜のオンラインでの練習会も初の試みだったようです。

十数名の方が参加されて一人一人今の状況を話していきました。

その話しでは、練習に参加した方の多くがクオンタムタッチを扱えているのか自信がないとのことでした。

そこで実際にプラクティショーとして働いている方からお話しを聞くこともでき、両サイドからの話を聞くことができてよかったです。

個々の話が長くなって練習は短くなってしまったのですが、開催側でペアを作ってくれて少しの時間練習することができました。

私とペアの方はやはりクオンタムタッチを扱えているのかの自信がまったくない方で、プラクティショナーとして動いている方へたくさんの質問をしていました。

だからペアになった時にその方の疑問がすでにわかっていました。

まずは私の好きな実験からしてもらうことに(笑

その実験が「なるほど」と自分で腑に落ちるまでに時間はかかりませんでした。

ですので次はメインの練習へ😆

まず初めに私がその方へクオンタムタッチを送ることに。

練習時間は10分しかなかったのですがそのうちの3分間は私の実験で費やされたので、残り7分(笑

クオンタムタッチを送ってからものの数分のうちに共鳴の波動に変わったので、そこでその旨をお相手の方に伝えて終わりました。

そして今度は私がお相手の方から送ってもらうことに。

送ってもらうとすぐに私のインナーヒーラーが動いて反応しましたので、すぐに終了してもらいました。

お相手の方はクオンタムタッチを扱えているのか自信がなかったので、その自信のなさや心配はまったくの杞憂であることを伝えたかったのです。

 

まず私が送っている時に、共振共鳴の波動が起こったことを伝えると

お相手の方は「信じられない」というような顔をして、「え?」「うそ?」「マジで?」「ホントに?」を連発しているのです。

「そんなことがわかるんですか?」

とも。

「はい。共鳴の波動が伝わってくるんです」

と話すとお相手の方はこう続けました。

「今までこんなふうに体がすごく反応したり揺れたり感じたりしたことがなかったです」

と。

だからご自身の身に起こっていることがまだ信じられなくて、とてもエキサイトされていました。

そして私に送っていただいた時も、ものすごいスピードで私のインナーヒーラーが動き出したことを伝えると

ぱぁっ! と顔が明るくなって、みるみるお相手の何かが開花してゆく様が見えたのです。

そして

「ホントですか!! ホントですか? 」

と連呼されるので

「本当ですよ。すぐに私のインナーヒーラーが動きましたよ」

と伝えると

「もう、超嬉しいです✨💖✨」

とバラ色の顔で喜びをあらわしていました。

 

そのお相手の喜びの波動で、私の周りではピカっピカっと光たちが輝きを放っていました✨

「またひとり光が灯ったね」

そんな祝福のように感じました。

 

私にはエネルギーに対する根拠のない「自信」があります😅

とにかくエネルギーが大好きなんです。

レイキとクオンタムタッチの違いもあります。

どちらがいいかとではなくて、私はやはりレイキはエネルギーを知る入り口だなと思います。

レイキを習ったからこそ私はクオンタムタッチの素晴らしさも体感することができているのだと感じています。

レイキだけで十分なのですが、クオンタムタッチの亜原子レベルでのヒーリングというものに、ビビビッ✨✨

ときたんですよね(笑

クオンタムタッチのプラクティショナーになりたいかと聞かれれば、レイキがあるのでそれで十分だという想いもあります。

でも昨夜は70代でクオンタムタッチを学ばれた方がおられて、これからも心理学の勉強やヒーリングを続けていくとお話しされていました。

私それを聞いて、「そうよね」、と自分へ語りかけていました。

 

私も自分のできることを自分のペースでしていこう。

エネルギーが好きということを発信していこう。

 

そしてあなたもエネルギー使いであるということを伝え続けていこう。

 

ということで、次回の無料ヒーリングは4月17日(日)21:00〜25:00の間で行おうかと思います。

エネルギーに興味のある方はまずは無料のヒーリングから始めてみてくださいね。

この機会にぜひお受け取りになってください。

詳細は4月17日(日)のブログにアップしますね✨

 

いつもありがとうございます💖

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。